更年期障害Q&A記事一覧

更年期障害は何が原因で起こるのか、簡単に言ってしまえば閉経が近づくにつれて卵巣機能が低下していくことによって起こります。卵巣の機能が低下することで女性ホルモンの一種、エストロゲンの分泌量が減少し、心身にさまざまな症状をもたらすことになるのです。更年期の原因はエストロゲンの減少女性の健康状態、もっと言えば半生は女性ホルモンと月経周期によってコントロールされているといっても過言ではありません。プロゲス...

更年期の一般的な定義は「閉経の前後10年間ほど」です。閉経に合わせて卵巣機能が低下していくことによってエストロゲンの分泌が減少していくことでホルモンバランスや自律神経が乱れ、心身にさまざまな症状を起こすことになるのです。更年期の始まりは閉経の5年くらい前で個人差があるですか更年期の開始時期は簡単に言えば閉経の5年ほど前ということになります。その後閉経が過ぎた後5年間かけて症状が少しずつ和らいでいっ...

更年期障害は閉経期が訪れた女性なら避けて通れない悩みといわれます。しかしその一方で症状にはかなりの個人差が見られ、心身にかなり重い症状を抱えたり、他の病気の引き金になってしまう人もいればほとんど症状が見られない人もいます。この差はひとつの原因によってもたらされるわけではなく、複雑な要因が関わっています。更年期の症状の重さはエストロゲンの減少ペースに比例するまず基本的な重さの違いとなるのが卵巣機能の...

大豆イソフラボンやザクロエキスといった女性ホルモンのバランスを整える効果を備えた成分を配合したサプリメントが更年期対策の選択肢として注目されていますが、それ以外にも治療方法がいくつかあります。更年期障害の症状によってはサプリメントでの対策では限界が出てくることもあるため、状況に合わせて適切な治療法を検討していくことも大事です。まず医療機関で行われる代表的な更年期障害の治療法がホルモン補充療法(HR...

更年期に生じる心身のさまざまな症状を更年期障害と呼んでいます。これは閉経期が訪れることで卵巣機能が低下し、エストロゲンの分泌量が減少していくことによって生じます。ですから症状の多くはエストロゲンが本来備えている働きと深く関わっています。更年期の身体的症状には頭痛やホットフラッシュがあるエストロゲンとは簡単に言えば「女性らしさを司る」ホルモンといってよいでしょう。プロゲステロンとの間でホルモンバラン...

更年期は加齢による衰えと閉経が近づいたことによるエストロゲンの減少をきっかけに始まるものです。そのため更年期障害の症状の重い軽いはあるにしろ女性なら誰でも避けて通ることができないものです。ですから対策としてはできるだけ症状を和らげる必要があるのですが、この点に関しては病気との関わりも把握しておく必要があります。更年期障害をきっかけに病気が発症することも多く、それを見極めたうえで状況に応じて適切な治...

更年期障害を予防する方法は大きく2つのタイプに分けられます。この2つをうまく組み合わせながら日々の生活の中でうまく行っていくことが大事です。更年期の予防方法には減少するエストロゲンを補充することが効果的まずひとつ目はエストロゲンの減少を補う方法です。更年期障害の直接の原因は老化による卵巣機能の低下が女性ホルモンのエストロゲンの減少をもたらすことです。更年期障害は女性なら誰でも通り抜けなければならな...

更年期障害対策には日々の生活の中でホルモンバランス、さらには健康状態全般を改善していく工夫が必要です。逆に言えば更年期に相応しい生活を送っていれば医療機関での治療を行わずとも症状を和らげていくことも可能です。更年期に効果的な食べ物は大豆イソフラボンが含まれる食品日々の生活の中でもっとも手軽にできる更年期障害対策が食生活の改善です。とくに現代人は栄養バランスが乱れがちと言われますから、その改善も意識...

現代社会で増加しているのが若年性更年期障害です。本来50歳前後の閉経期に生じるはずの更年期のさまざまな症状が30代、早い場合には20代で生じてしまう状態を言います。若年性更年期障害とは厳密には更年期障害とは異なるどうしてそのような早い段階で更年期の症状が現れてしまうのか、これは現代人ならではのライフスタイルと深く関わっています。そもそもこの若年性更年期障害とは厳密な意味での更年期障害とは異なり、あ...

更年期障害といえば閉経期にさしかかった女性に見られる症状とのイメージが強いのですが、近年では男性の間にも似たような症状が見られるケースが増えています。タレントなどの著名人が男性の更年期障害を報告することも多く社会的な関心も高まっている状況です。男性の更年期もホルモンバランスの変化によって生じるどうして月経も閉経もない男性に更年期障害が起こるのでしょうか?その理由は女性と同じくホルモンバランスの変化...

更年期に入ると心身両面にさまざまな影響が現れるようになります。肌トラブルや頭痛、肩こりといった比較的軽度なものからホットフラッシュ、倦怠感やイライラ、うつ症状など日常生活に深刻な影響をもたらすようなトラブルもあります。こうした症状は更年期の間ずっと続くことが多く、辛い症状に悩まされていると「いつまで続くのか」と不安になってしまうものです。更年期の終わりは、開始時期より約10年後と考えられている更年...

更年期の健康管理で注意したいの脂肪の増加です。更年期は糖尿病や高血圧といった生活習慣病のリスクが増加するため、太らないように注意しなければならないのです。逆に言えば痩せにくくなるためダイエットを行っても十分な効果が得られにくくなるのです。更年期は代謝が低下し痩せにくくなっているなぜ更年期になると痩せにくく、太りやすくなってしまうのか。その最大の原因がエストロゲンの減少です。卵巣機能の低下によって分...

更年期に入ったらスキンケアもこれまでとは違ったアプローチで行っていくことが求められます。急激な肌質が変化してしまうことも多く、その変化に合わせたケアを心がけていく必要があるからです。更年期の肌質の変化の原因にもエストロゲンが関係している更年期に肌質が変わってしまう大きな要因はエストロゲンの減少にあります。更年期に見られるさまざまな症状の根本的な原因としても知られるエストロゲンの減少は肌環境に大きな...

更年期障害の症状には個人差が大きく見られます。かなり重い症状に苦しめられてしまう人もいれば、ほとんど見られず日常生活に支障をきたすこともない軽い症状で済む人も見られます。この個人差はどうして生じるのか、遺伝との関係を指摘する声もあります。更年期と遺伝の関係は明らかになっていない更年期障害と遺伝との関係についてはまだ十分な解明が進んでいない状況です。ただ直接の因果関係はまだよくわかっていなくても間接...

更年期には肌トラブルも起こりやすくなりますが、そんなトラブルの中には肌の乾燥やハリの低下だけでなく大人ニキビも見られます。40〜50代で大人ニキビが見られるのは珍しいですが、更年期を機会にできてしまうケースも多いのです。更年期にニキビができる原因は皮脂分泌量が増加するから40〜50代ではニキビが少ない理由のひとつは皮脂の分泌量が減少することです。思春期ニキビのおもな原因となる皮脂は年齢を重ねるにつ...

更年期障害が見られるようになったらできるだけ早い段階で対策を行うことが求められますが、その見極めが難しく、放置したまま症状を悪化させてしまうケースも少なくありません。また、症状が重い場合にはホルモン補充療法をはじめとした医療機関での治療が必要になってくる場合もあります。そんな更年期障害の早い段階での正確な見極めには医療機関での検査が役立ちます。更年期の検査ではまず問診や触診が行われる医療機関ではさ...

更年期対策は運動や生活習慣、食生活の改善といった日々の生活の中で行っていくのが理想ですが、症状が重い場合にはなかなかそうした対策で十分な効果が得られるのは難しいものです。そんな時には更年期向けのサプリメントや薬が効果を発揮してくれます。即効性の高さも期待できるだけに魅力的な選択肢となるわけですが、あまり安易に利用すると副作用のリスクを抱えることになるので注意が必要です。更年期に行うホルモン補充療法...

白髪は一般的に年齢を重ねると増えるといわれています。若白髪と呼ばれる20歳前後の段階で見られるケースもありますが、通常は35歳前後くらいから増加していきます。この白髪の原因に関してはまだ十分なメカニズムが解明されていない面もあり、遺伝的な要素なども指摘されています。ただ老化が深く関わっていることは間違いないといわれています。更年期の時期にメラノサイトも減少を始めるので白髪が増え始める通常髪の毛は生...

加齢による肌トラブルの中でもとくに解消が難しいのがシワとたるみです。とくに40代後半以降になるとこれらのトラブルが目立つケースが多く、エイジングケアの最大のポイントとなります。ただ一度できてしまうと改善するのが難しい部分もあるだけに、まずは予防に努めることが大事です。そのためにも原因を正しく把握し、日ごろから適切な対策を心がけましょう。更年期にしわができる原因は加齢による乾燥シワに関しては細かく小...

50代になったらこの年代で起こりやすいトラブルに効果がある美容成分、そして加齢の影響で不足しやすい美容成分を意識して補っていくことがケアのポイントとなります。40代と共通する部分もありますが、老化がさらに加速していくだけに効率よく補っていくことも大事です。50代に必要な成分の代表格はセラミドそんな50代に必要な成分の筆頭がセラミドです。50代になると急増するシミの悩みは肌のバリア機能の低下が大きな...